Vol. 4

2012年 3月

第39回建築物環境衛生管理全国大会

2012年1月19~20日に行われた(財)ビル管理教育センター主宰の建築物環境衛生管理全国大会において、弊社環境測定部の村松直子が抗レジオネラ用空調水処理協議会(通称:レジ協)を代表して『レジオネラ属菌検査方法の標準化』について発表をおこないました。

2007年に行われたレジ協による標準化により、各社において検査方法の改善が実施され、検査精度は向上しています。今後も衛生管理評価の土台である検査の精度向上に努めレジオネラ属菌対策の啓発活動を行ってまいります。

レジオネラ属菌対策

近年、建築物衛生法(ビル管理法)の改正によりレジオネラ属菌対策として、冷却水管の洗浄が義務づけられ、除菌洗浄剤による洗浄が一般的に実施されるようになりました。しかし、冷却水管内だけの除菌ではレジオネラ属菌に対して充分とは言えません。冷却水が常に流れている箇所は除菌洗浄剤や1液複合処理剤の効果が行き届きますが、冷却塔の外気入口側(特にルーバー周辺)の充填材は送風機が動くと冷却水が流れにくく、飛散水が蒸発を繰り返してスケールの付着や菌類・藻類が繁殖しやすく、バイオフィルム形成・定着に適した環境となりレジオネラ属菌の増殖を促します。

また、充填材に付着物が多くなると流路を塞ぎ、冷却塔の能力の低下をも招きます。芙蓉化学では『除菌洗浄』と同時に、『充填材の高圧洗浄』『冷却塔内の清掃』も併せて承ります。冷却水のみの除菌だけでなく、冷却塔も含めた冷却水系全てにレジオネラ属菌を発生・増殖させない環境にするためのご提案とお手伝いを致します。

洗浄作業の方法・工程等についての詳細は、弊社営業担当にお気軽にお問い合わせください。

水道法施行規則の一部改正

「水道法施行規則の一部を改正する省令」(平成23年厚生労働省令第125号)が平成23年10月3日に公布され、同日から一部施行、その他は平成24年4月1日施行となります。

水質検査に関する事項としては、委託契約の締結、資料の採取または運搬の方法等、検査委託時に取り組むべき事項が明確化されました。詳細につきましては、弊社営業担当へお問い合わせ下さい。

本社・福岡営業所 移転のご案内

本社及び福岡営業所は平成24年1月23日に下記へ移転致しました。

これを機に社員一同決意を新たに皆様の御期待に添うべくなお一層努力いたす所存でございますので、何とぞ引き続きよろしくご愛願賜りますようお願い申し上げます。


本社

本社

〒168-0063
東京都杉並区和泉2-7-5
TEL 03-5301-2011(代)
FAX 03-5301-2022

福岡営業所

〒812-0015
福岡市博多区山王2-7-33 マルシン山王ビル
TEL 092-461-1011(代)
FAX 092-461-1010

ページの先頭へ