Vol. 6

2012年 10月

新製品の『アフロンEXP』のご案内

≪ 1液複合冷却水処理剤 アフロンEXP ≫

冷却水系を適切に管理することは、水や電力消費量など経済的ロスを防止するだけでなく、レジオネラ症などの感染症から生命を守ることにもつながります。
新製品『アフロンEXP』は環境に配慮した低リン・ノンメタルの一液複合冷却水処理で、強力なスライムコントロール力と低刺激性が特徴です。

  • 冷却水系の3大障害を1液で抑制、省エネに貢献します。
  • レジオネラ属菌を含む細菌・真菌へ強力に作用しバイオフィルムの形成を
    長期間抑制します。
  • 藻類の除去にも効果を発揮します。
  • 低リン・ノンメタル、低刺激性で環境と人に配慮した製品です。
  • 適用例:冷却塔ピット、散水盤等に繁殖した藻類の抑制に効果的です。
写真:処理開始前と処理開始1ヶ月

製品についての詳細は、弊社営業担当へお問い合わせ下さい。

レジオネラ症が増加!!

2012 年10 月19 日の化学工業日報社説に、今年になってレジオネラ症届出件数が増えているという記事が掲載されました。国立感染症研究所が発表したもので、このまま推移すると過去10 年で最多だった2008 年と並ぶ勢いだそうです。

景気低迷による経費削減のための管理不足も疑われているようです。
レジオネラ肺炎に罹患すると重篤な場合は死に至ることがあります。
温浴施設や冷却塔などのレジオネラ属菌検査を推進し、適切な洗浄や除菌を行ってレジオネラ症発生を予防する事が重要です。

水道水質検査の統一制度管理調査

≪ 今年度調査結果 【適正】 ≫

水道水水質基準への適合を確認するための水質検査は、正確で精度が高いことが求められ、登録基準として、水質検査の信頼性確保のための措置が法令上明確に位置づけられています。
厚生労働省では水道法第20 条登録水質検査機関や水道事業者に対して『水道水水質検査精度管理のための統一資料調査』を毎年実施し、その結果を公表しています。
芙蓉化学工業は今年度の調査において「適正」の評価を得られました。

※Zスコアとは基準点からどれくらい離れているかを表す数字で、この場合は絶対値 が小さいほど良いということです。

平成24 年度検査項目 Z スコア※
ヒ 素 -0.48
テトラクロロエチレン 0.99
Z スコアの絶対値 評 価
|Z|≦2 満 足
2<|Z|<3 疑わしい
|Z|≧3 不満足

統一精度管理調査結果による評価

適 正:
統計分析において精度不良ではないと判定された機関。また、統計分析で精度不良等と判定されても、是正処置等水質検査の信頼性を確保するための適切な取組が、実地調査により確認された機関。
要検証:
統計分析において精度不良と判定され、かつ、是正処置等水質検査の信頼性を確保するための適切な取組が、実地調査により確認されなかった機関及び統計分析の対象外とされた機関であって、水道水質検査精度管理検討会において実地調査を行う必要がないとする事項に該当する機関。
ページの先頭へ