雑用水・プール水・浴槽水等の水質検査

雑用水分析

ビル管理法における、雑用水を供給する場合に必要な措置

■散水、修景、清掃用に供する水の適合基準
検査項目 基準 検査頻度
pH 5.8以上8.6以下であること 7日以内毎に1回
臭気 異常でないこと
外観 ほとんど無色透明であること
大腸菌群 検出されないこと 2ヶ月以内毎に1回
濁度 2度以下であること

※水洗便所の用に供する水は、濁度の項目がありません。

プール水分析

遊泳用プールの衛生基準(厚生労働省:健発0528003号 平成19年5月28日)

項目 基準値 検査頻度
水素イオン濃度(pH値) 5.8以上8.6以下であること 毎月1回以上
濁度 2度以下
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/ℓ以下
遊離残留塩素 0.4mg/ℓ以上
また1.0mg/ℓ以下であることが望ましい
午前1回以上及び
午後2回以上
二酸化塩素 0.1mg/ℓ以上0.4mg/ℓ以下
亜塩素酸 1.2mg/ℓ以下
大腸菌 検出されないこと 毎月1回以上
一般細菌 200CFU/㎖以下
総トリハロメタン おおむね0.2mg/ℓ以下であることが望ましい
(暫定基準)
毎月1回以上
(6~9月か水温高い時期)

塩素消毒に代えて二酸化塩素により消毒を行う場合に測定

■プール設備および付帯設備の維持

【気泡浴槽、採暖槽等の設備その他のエアロゾルを発生させやすい設備 又は、水温が比較的高めの設備がある場合】

項目 基準値 検査頻度
レジオネラ属菌 検出されないこと 1年に1回以上

風呂水の分析

公衆浴場における水質基準に関する指針(厚生労働省:健発0214004号 平成15年2月14日)

①原湯、原水、上り用湯及び上り用水
項目 基準値 検査頻度
色度 5度以下 1年に1回以上
濁度 2度以下
水素イオン濃度(pH値) 5.8~8.6
過マンガン酸カリウム消費量 10mg/ℓ以下
大腸菌群 50㎖中に
検出されないこと
レジオネラ属菌 検出されないこと
(10個/100㎖未満)
②浴槽水
項目 基準値 検査頻度
色度 5度以下 1年に1回以上
水素イオン濃度(pH値) 5.8~8.6
過マンガン酸カリウム消費量 25mg/ℓ以下
大腸菌群 1個/100㎖以下
レジオネラ属菌 検出されないこと
(10個/100㎖未満)
製品に関するお問い合わせはこちら
ページの先頭へ